適当な価格 Leica(ライカ) ブラック UV/IRフィルター E60用 レンズフィルター本体

適当な価格 Leica(ライカ) ブラック UV/IRフィルター E60用 レンズフィルター本体

適当な価格 Leica(ライカ) ブラック UV/IRフィルター E60用 レンズフィルター本体
適当な価格 Leica(ライカ) ブラック UV/IRフィルター E60用 レンズフィルター本体
y-sofmap-4548182134145-18569-f9D
11,752円 19,586円
Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター ブラック, Leica(ライカ) E60用 UV/IRフィルター ブラック : 家電&カメラ, 楽天市場】ライカカメラジャパン Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター , ライカuv irフィルター(カメラ)の商品一覧 | テレビ、オーディオ , 楽天市場】ライカカメラジャパン Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター , Leica Filter, Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター ブラック

E60 UV/IRフィルター (ブラック)

E60 UV/IRフィルター (ブラック)

形状ねじ込み式

Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター ブラック
Leica(ライカ) E60用 UV/IRフィルター ブラック : 家電&カメラ
楽天市場】ライカカメラジャパン Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター
ライカuv irフィルター(カメラ)の商品一覧 | テレビ、オーディオ
楽天市場】ライカカメラジャパン Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター
Leica Filter
Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター ブラック

Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター ブラック
Leica(ライカ) E60用 UV/IRフィルター ブラック : 家電&カメラ
M8系用フィルター E60 UV/IR ブラック
Leica(ライカ) E60用 UV/IRフィルター ブラック : 家電&カメラ
楽天市場】ライカカメラジャパン Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター
楽天市場】ライカカメラジャパン Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター
楽天市場】ライカカメラジャパン Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター
ヨドバシ.com - ライカ Leica 13414 [UV/IRフィルター E60 ブラック
Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター ブラック
ライカuv irフィルター(カメラ)の商品一覧 | テレビ、オーディオ
Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター ブラック
ライカuv irフィルター(カメラ)の商品一覧 | テレビ、オーディオ
楽天市場】ライカカメラジャパン Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター
楽天市場】ライカカメラジャパン Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター
Leica Filter
Leica Filter
ライカuv irフィルター(カメラ)の商品一覧 | テレビ、オーディオ
楽天市場】ライカカメラジャパン Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター
Leica ライカ E60用 UV/IRフィルター ブラック
M8系用フィルター E60 UV/IR ブラック / ライカオンラインストア

Zlove 3ピース フルーツキャンバス壁アート イエローレモン キッチン 食品 写真 プリント キャンバス ダイニングルーム ホームインテリア 枠張

Infinityee888 Opal Moonstone Anklet Bracelet Macrame Braided Woven Wax

10年ぶりに、この本を再度読み、私は、この内容に共感をし、立派な人や、遠い特別な存在になるのではなく、
こんな存在でありたい。そう思ったのを思い出しました。

その本の紹介に書かれていた内容をちょっと紹介します。

・・​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢を叶えるゾウ 題名だけ聞くと、絵本か子供向けの本かもしくは小説かというところであろう。しかし本書はビジネス書である。著者がビジネス書と意識して書いているかどうかは別として・・・。ビジネスの基本とは何であろう。営業マンならモノが売れることがビジネスになる。サービスマンなら故障したモノを直してビジネスだ。研究者なら研究して発表することが何らかのビジネスにつながってくる。しかしその前にあるものはまず「人」だ。「人」が何かを望む、それに誠実に応えようとすることがめぐりめぐってビジネスにつながる。「人」対「人」からビジネスが生まれてくる。

   この主人公へ一章毎に課題をだしてケムにまいていくのが、本書の名前になっている「ゾウ(ガネーシャ)」だ。この本の一番の魅力が彼の話術の巧みさだ。超がつくほどあやしげな「ゾウ」で、「だれがこんなやつのことを信じるのだと」と言いたい主人公だが、ガネーシャが繰り出してくる話が今まで変われなかった自分への痛烈な批判だったり、戒めだったりするのだが、それだけではない。松下幸之助やアイザック・ニュートンなどのビジネス界の大物や歴史上の人物の逸話が、まるで近所に住んでいる話好きなおじさんが話す噂話のようにでてくるのだ。そこでは「人」が「人」を理解できて初めてビジネスにつながっていき、彼らがいかに成功していったかという話が語られてゆくのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・​・・・・・・・・・・・・・・・・

 

​と言った内容です。

自分がどうあるべきなのかを追求することの方が、成功への近道なのだと最近、

確信しています。

​(ただ、成功の定義をどこに置いているかは、質を問われますが・・)
精神世界とビジネスを切り離して、人が魂を輝かせて生きることなど、できないと思うのです。

​だから、私は、ここをつなぐことを仕事にしたのだと・・。​

​急にどうしたのかな?でも、私の成長のスパイラルが一つ次の段階に入るのにいることだった

のかもしれません。

 
SOYOFERTA.COM RSS